エクスバリアの効果は弱バリア肌にアプローチ

肌荒れを意識してターンオーバーを正常な状態に保つ

エクスバリア 体験セット

肌は一定のサイクルで新しく生まれ変わっており、このサイクルのことを「ターンオーバー」と言います。

 

表皮の奥から新しい細胞がつくられ、約2週間かけて角層へ押し上げられていきます。角層で肌のバリア機能を保つ働きをした細胞は、約2週間後に垢などとしてはがれ落ち、新たな細胞と入れ替わります。

 

このターンオーバーのサイクルが通常よりも長くなると、古い角層細胞がいつまでたってもはがれ落ちず、角層部分が厚くなって、くすみやざらつき、肌の乾燥につながります。一方、サイクルが短すぎると、天然保湿因子(NMF)がしっかりつくられないまま、未熟な角層細胞が積み重なることで、肌の保湿力やバリア機能も低下してしまいます。

 

肌のターンオーバーは、日々の食事や生活習慣と密接に関連しています。特に寝不足や無理なダイエット、お酒の飲みすぎや喫煙は、肌荒れを悪化させるので、気をつけましょう。

 

便秘によって腸内環境が悪化すると、老廃物などの有害物質が血液中に溶け出し全身へ巡ります。肌はその有害物質を、汗や皮脂と一緒に毛穴などから体外へ排出するのに手いっぱいになり、本来の役割である肌のターンオーバー機能が低下し、肌荒れにつながります。便秘は美肌の大敵なのです。

 

 

肌のターンオーバー(肌代謝)のサイクルが乱れると、皮膚のキメが乱れたり、肌を守るバリア機能が低下して、肌荒れにつながります。

 

ターンオーバーを正常にさせるためにもエクスバリア
↓    ↓     ↓
https://www.phil-inc.com/