エクスバリアの効果は弱バリア肌にアプローチ

敏感肌は存在しない?!

「エクスバリア」ブランド監修の専門家は「『敏感肌』という言葉は医学用語に存在しない。」といいます。

 

 

「敏感肌なんです」という人の多くは、具体的には肌のバリア機能が低下してしまった状態=バリア機能不全なのだそうです。様々な敏感症状は肌のバリア機能が大きく関わっているという事実まるごとお客様に理解していただきたいという想いから、「弱バリア肌」という新しいキーワードを携え、エクスバリアを開発しました。

 

生活や季節の影響を受けて揺らぎやすい肌を「不安定肌」といいますが、体調やストレス、 肌のバリア機能が低下することで、少しの刺激にも肌が敏感に反応しやすくなります。

 

エクスバリア

 

こんな症状
・目の下の皮がむけたり、赤くなってかゆみを感じたりする
・ストレスで肌がかゆくなる
・疲れていたりストレスがたまるとすぐにニキビができる など

 

その原因は、肌のバリア機能の低下

 

肌表面の角層は、わずか0.02ミリの厚さながら、水分蒸散を防ぎ、微生物やウイルスさえも通さないバリア機能を備えています。このバリア機能が何らかの原因で低下すると、ここぞ!とばかりに刺激となる物質が肌に侵入、ここに体調不良やストレスなどの内からの要因も加わって、トラブルが発生するのです。

 

また、肌のバリア機能が低下すると、肌がもともともっているマイナス素因(混合肌、ニキビができる、乾燥・肌あれなど)が顕在化し、肌トラブルを引き起こします。つまりは、一時的に肌の力が弱まって肌悩みが現れている状況です。

 

エクスバリア体験セットはこちら
↓    ↓     ↓
https://www.phil-inc.com/